人気ブログランキング |
ブログトップ

おしゃべりソリスタkaoの部屋(季節のお茶 de 音散歩)

lasolist.exblog.jp

クラシックギターをしています 大分市内で隔月でソロを弾きたい人の練習場所として自宅開放し その楽しさを共有させていただいています

5年の月日が流れてーーー今

f0375290_07212045.jpg
桜のごとく 舞い散る雪に ふるえる里山の春

谷間の小鳥が いいかげん 早くあきらめなさいと いう
山間に住む鳥は  あきらめちゃ いけないと いう


いずれを選ぶか それは 自由


それならば 命のある限り
向き合ってみたいと そう思う

そう思えたのは この九重の大地のエネルギーからです


*********2018年 4月8日 九重 松木 野倉地域の早朝の雪景色********



        ・*:.. ..:*・゜゚・♭








                ・*:.. ..:*・゜゚・♯










*:.. ..:*・゜゚・♫



f0375290_06485018.jpg
f0375290_06493353.jpg

f0375290_20511795.jpg
f0375290_06475663.jpg
ギターのテクニックも必要ですが それ以上に 人と人とのふれあい 仲間が いたからこそ 
4月7日、8日が 生まれた!と 感じる今回の クラシックギターと 音楽の集い 
おしゃべりソリスタ企画 【みつまた 春のゆうべのコンサート】は 無事に終了しました。


f0375290_20384668.jpg

2013年 「 13年ほど弾いてないんだ、 手がぶるぶる震えて 動かない」というwaoさんを
無理やり クリスマスコンサートしようよ!と 引っ張り出しました。



当時の演奏は レパートリーもなく やはり 今聞いたら 恥ずかしいような演奏ばかり
プライドあるwaoさんは なおさらでありましょう


でも その時の悔しさが おしゃべりソリスタの基盤



勉強できる 仲間がほしいと 切に思ったのでした。
それは 師と弟としてだけでなく 忌憚なく ギターのいろいろを話ができる 横のつながり。




関東では 仲間が集まって ギターを弾きあうような イベントがあるのにどうして 九州はないんだろう??



当時 山も登っていて 癒されていたので、
大好きな九重でというイベントの始まり は ここ!・・・・・・・・・!いつか ギターの仲間の集いがしたい!


13年 はじめたfacebookで ・・・
「野山歩くのは やはり 専用の靴があったほうがいいですかねぇ」
これが 今のお師匠さんとの最初の出会い



実は いまでこそ ご子息のお二人の有名さは よくわかるのですが
当時 そのお父様であられるとは ま~~~ったく 知らなかった
ゆうなれば もぐりのアマチュアギタリスト 田舎のkaoワールドの 無知さ・・・

「この人 いきなり・・靴?? 歩きたいんかなぁ
一体 どこの おじさん??」と  (たいへん失礼なほどの 印象だったのです)
そう 人の出会い 第一印象って あてにならない 
その偶然性と 発展は さらに おもしろい??!!



その2年後くらいには まさかの教えを仰ぐお師匠様となろうとは・・

f0375290_07035770.jpg

ベベドールというあやしい黒い服を着る黒集団をバックに

ときに ダジャレトークで ヤンキーで おちゃめな先生との出会いは 
楽しい ギター仲間の集いに みるみる発展


f0375290_07054317.jpg

そして 一人 ソロをするときに いつも悩やむ 楽譜

わたしの今の技能で できるもの???って 限られている

そんな時 あ、これいいなぁとか この楽譜どこから?とかを
よくお尋ねした 姫路の 渡辺さん
どっかでね 今の若い方々の中で ぶれずに 自分の世界を大切に 
そして 地域の活動を大切に ギターを進めてるその姿勢も
 とても いいなぁと 思っていたのです。



当時は まだまだ 録音するのも 精一杯楽譜も書けませんでした 
でも 風の丘 弾きたくて ワタユウさんに 頼んだら 
「いいですよ じゃぁ kaoさんには これくらいかな?」と
簡単な 重なりで 音をアレンジしてくださいました。

 ~~わたゆうさん いつか 大分にいらしてね♫
お気軽kaoは 平気でこんな感じ。

「え?!」

というわけで


そんな わたゆうさんが ほんとうに大分に来てくださいました。
f0375290_20552360.jpg
今回は 一緒に 臼杵の吉丸一昌館や 岡城址を周りました。
f0375290_20524532.jpg
危ないってばさぁ  !



f0375290_07104999.jpg


f0375290_07103369.jpg

  まっ~~~たく いやぁ ちょっと 覗いてみたくなる??? のは 男の子の習性


そして わたしたちの ギターの集いにもご参加くださいました。


f0375290_07112621.jpg
そして 大分のおしゃべりソリスタのメンバーの皆さんの温かいフォロー

今回は 特別に 展示物にも 協力いただいた 3団体の方々。

f0375290_07133143.jpg
特に 長崎の 福山さん 素敵な作品をわざわざありがとうございました。

宇佐のひょうたんランプさん
大分の戸次の 木の根っこワールドさん
毎回 出展してくださって ただ
雪のために みなさん 帰りを心配され 今回はゆっくり展示物を見ることが
すくなかったような気がします。

次回また 何かの機会で! ぜひ♫


f0375290_08051414.jpg

















おいしいコーヒーで 目が覚めたよ~~~














f0375290_07215754.jpg


f0375290_07232642.jpg

そして わたしの大好きな みつまたの 群生地を
季節外れの名残雪 うっすら光さす早朝 みつまたウォークに付き合ってくださった 
長崎の三浦さん 田中さん ごめんなさい きっと 早歩きのkaoの歩調に合わせるの
たいへんだったんですね 

登山歴多しの余裕の?篠笛の佐藤さん 
すてきな 一泊二日のギターの旅の思い出 ありがとうございました♫


遠路 はるばる 九重の山里へ お越しいただいた コンサートのお客様
特に 2013年の第一回目の アプリシエールのコンサートから 
ずっと毎回 応援してくださっている お客様♫ 

いつも 悩みを聞いてくださってありがとうございます🎶
お寒い中を ありがとうございました。



みなさんには たくさん たくさん ご迷惑おかけしましたし 行き届かない面も多々あったとは 思います

けれど そんな諸々含めて ほんとうに 人と人とのつながり?!

それを強く感じた 今回の催しでした


最後に 会場となった 古森山渓館様
夜遅くまで お付き合いいだいた 安達様ご夫妻





*:.. ..:*・゜゚・ご協力 に 感謝します。



ありがとうございました。



f0375290_07544391.jpg


















*:..おしゃべりソリスタ 
    季節のお茶で音散歩 *:.. guitarrakao *:.. ..:*・゜゚・

by la-solistakao | 2018-04-10 08:14 | クラシックギターのこと | Comments(5)
Commented by 大前ゆきこ at 2018-04-10 19:56 x
春が立ち止まって、冬に戻ってしまったような週末でしたが、「みつまた 春のゆうべのコンサート」会場は、暖かい風が吹いていたんだろうなぁということが、ブログやFBのコメントなどから感じられました。
5年の準備を経て、念願の九重でのギター仲間の集い、一言で5年と行っても、そこには目に見えないご苦労が沢山あったことと思います。
でも、こうして沢山の弾き手・聴き手が集い、喜んでいただけたことは、1番のご褒美ですね。
誰もが、こういうことああいうことをしたいなと思っていても、それを実行に移すことは、中々むずかしいです。
周りの方の応援ももちろんですが、kaoさんの絶対に実現したいという想いが繋がったんですね。
人と人とのつながりのの素晴らしさ、大切さがひしひしと伝わって来ます。
ありがとうございます、お疲れさまでした。
Commented by la-solistakao at 2018-04-11 06:50
そうですよね 大前さん ありがとうございます。
弾き手が集まってくださる
コンサートが本来の目的ではなく、同じギターを
手にするものの悩みがあります。
シニアは特に まず 指が~~~から 朝始まります(笑)

でも 自分だけではないんだと思えるところから スタートできますものね。そして あいつが弾けるんやったら 俺もって 男性は 競うし、女性は あら ちょっと わたしは そこそこ ここらで でも楽しいわってことになります。
それぞれが それぞれの思いを持っていて
そして 共通項は ギターを弾く
自分が決めた 目標をたて 一年後 ・・・たくさん集まれば 一人くらいは 自分が目指す人が 出てくると思うの。
わたしたちは プロを目指すわけではないから
プロを招聘しても すごいね で それだけで終わる。
Commented by la-solistakao at 2018-04-11 06:53
【教室に通っても 弾けるようになっていない】
例えば 学校で英語を習っているけれど
いざ 海外の方と話そうとすると おはようくらいしか話せない現実 みたいな 今までの わたしは特にそうだったの。長い間習っていても 家族の前でさえ弾けないのはなぜ?

だから ただ通って習うことに ほんとうに むなしくなるんです。。
たしかに いい曲は たくさん弾いてくださいますし
憧れる方も もちろんいます。

でも 現実は、違うでしょう??
それより より アマチュア目線で 弾いてくださる方
アマチュアのおばさんも弾ける曲を持ってきてくださる方
悩みやら いろいろが 解決できる場が必要なのです。
わずか 16小節の曲でも きれいに 参加者をうならせる
そんなギタリストを わたしは望んでいます。
そんな 演奏なら わたしも 弾けるかな やってみたいって 思える。(演奏の質は 全然違うわよ)

もちろん 今 プロ並みなアマチュアさんもいらっしゃいますが 田舎の九州では ごく稀です。

もう 昔の ジョンであったり、セゴビアであったり
カリスマ的なギタリストのリサイタルのみで終わる催しで憧れる時代は終わり。コンテストも お金がかかるだけで
じゃぁ 田舎で コンテストで優勝したからって何になります??
身近な自分の演奏に近い形の催しのほうに年金のお金もかけたいと思っています。私自身は 下手でもいいから
ホームコンサートであったり 
小さな楽しみのあるギターライフにしたいのです。

何に投資するか・・・
田舎と都会の違いが あるようです。
Commented by 大前ゆきこ at 2018-04-12 19:30 x
こんばんは。
私も、小品をその人の歌心で弾いてくださると、とても嬉しいです。
反面、とても手の届かないような超絶技巧を聴くのも、これもまた楽しみです。
若い時から弾いているのと違って、私の場合は易しい曲でも中々思うようには弾けないので、それならもう自分の技量以上のものでも弾きたい曲を選んでいます。
もちろん、そこは譜読みをして頑張ったら行けそうだなという感触を得たものになりますが。
だから、人前で弾くのは度胸試しのようなもの笑  幸い最初の習った先生が、誰でも参加できるコンサートを、教室で毎月開いてくださったので、人前で弾くことが特別なことではなくなりました。
kaoさんは、曲を読み込み掘り下げて弾き込んでおられると思いますので、目標も高いと思います。
でも、お互いにギターが好きということは変わりがないですね。
自分にあったギターライフを楽しむのが、一番ですね!
Commented by la-solistakao at 2018-04-13 20:44
そうそう 人前で弾くことが 特別じゃないってことが 大切ですよね その人その人の楽しみもある。それぞれがそれぞれの段階もある。昭和40~50年代って 猫もしゃくしもギターもっていたのに・・・・ ギターの世界が 敷居が高くなったり狭くなってないかなぁ??って思います。