ブログトップ

おしゃべりソリスタkaoの部屋(季節のお茶 de 音散歩)

lasolist.exblog.jp

クラシックギターをしています 大分市内で隔月でソロを弾きたい人の練習場所として自宅開放し その楽しさを共有させていただいています

<

  (2012年演奏会にて preludeNO11 )

2012年 9月8日土曜日
司会/「演奏ありがとうございました 次回は もっと 長い曲を弾いてくださいねぇ」

でも これが 当時 私の唯一弾ける曲だったのです
わずか 40秒足らずの 時間なのに 呼吸ができず弾けない


ギターを再開して 一番ショックだったのは すぐ弾けるものと思っていたギターが
弦をつま弾くことさえ できない状態にまでなっていたということ
それ以上に それに 気が付かない自分は のほほんと過ごしていた自分であったこと







ーーーずっと後になって 口にした先生の言葉は 当時を振り返り
「ほんとうは これは 絶望的だな と思ったんだ・・・」と・・・・

気が付いてから 曲なんてとても弾ける状態ではなく
毎回のレッスンは 5弦に親指をあてること
それのみでした

聴覚過敏症 軽く考えていました



 音をだすと びくついてしまう私
怖くて 弦を触れなくなってしまっていたということ




再開して 2年目 ほんとうに 当時の先生には
辛抱強く 基礎練習につきあっていただいて
弦にはあたるようになったので 
あとは練習さえすれば 回復できると 必死で練習したものの
どうも 先生の前で お試し演奏してみると
息がつづかない

「先生 呼吸ができません!」
/ ブレスは そこと ここと あそこ・・・etc

いや そういう問題ではなくて ほんとうに 私は 
弾き始めると呼吸ができなくなるの
どうしたらいいんだろう???

なんど レッスンに行って 弾こうとしても
呼吸ができない
訴えても 通じないじれったさ


あぁ  以前は メンデルスゾーンの曲は弾けていたのに
(いや 実際は 弾けていなかったのか??)

このままでは 私は ずっと 弾けないままに終わる

そんな状態の私に 演奏会が近づいても 何かやってみるかとは 先生も 
勧めはしません


2012年  演奏会 ・・が近づいて
 それでも 呼吸が うまくできなくても   小品なら なんとかなる??
ここから初めて どれくらい まで行けるか このままでは終わりたくない
「先生 演奏会にださせて」






(2015年 3年目の prelude no11)


そして・・・


あれから5年の月日をかけて
一昨日 やっと タレガのプレリュードno11を 繰りかえしをいれて
弾くことができるようになりました





ここに至るまでに

いろんな方との出会いが ありました


わたしに 練習だけではなく 
心と体の関係であることを
教えてくださったのは
実は この方 太極拳の先生でもあり 今では duoそうそう草のパートナーです

f0375290_21070240.jpg


元気になればと 始めた 太極拳でしたが 
当時は 精気がなく とても疲れやすかった私
続けているうちに 
自分がきちんと 二つの足裏で  しっかり地面をとらえて 両足 開いて 立てないことに気が付き
ゆっくり忍者のように 歩をすすめ 動くリズム =これで 呼吸の深さや
 人には 気の流れがあることも教わりました。


気は 自分もだしているけれど 向かい合う人たちも 出しています
大勢の前で その気にまけない 逆にそれを利用して
自分のエネルギーも加えて出せるためには 自分の軸がぶれないこと



背中をそらせないよう 腰に負担をかけないよう すっとたつように まっすぐ立つ
そして 足首 膝 太ももを鍛え 片足でも 自分のバランスを保てるように
鍛錬することを教えてくださったのも この方です
おかげで 下着も 靴下も 片足で しっかり着脱できます (笑)


そして ここ数年課題だった 呼吸と 体の関係も
次第につかめてきました


負荷がかかると 呼吸が早くなります
ステージで 調整できず 演奏途中で崩れてしまっていた私

この呼吸の深さも 体の硬さも関係しているのではと
感じるようになり ストレッチをかなり入れました

これも 太極拳の始まりでする30分の動作を丁寧に
それから 陰陽を大切にするヨガで 胸を開く運動を取り入れました

そう 題して 「オセちゃんポーズ」(犬が前足を伸ばして 背中を湾曲になるほどそらせるポーズ)
脇から 胸にかけてを伸ばす運動です
旅先でも それから もちろん家でも どんなことがあっても いくつかの運動を必ず取り入れて5年が経ちました

もちろん これだけではなく
腎性といって エネルギーの源 (太極拳やヨガでいう 丹田に呼吸を深く注ぎ込む )を
意識して 臀部を鍛えることや 腎を補う養生食材も スポーツ選手の連れ合いと一緒に
意識するようになりました

また 人前演奏するために 協力していただいた
おしゃべりソリスタの仲間たち

f0375290_21493284.jpg




それから 応援してくださる国内のお友達
f0375290_21520234.jpg
いろんな 🎁(楽譜 バッグ キーホルダー ファイル CD 旅に便利なコイン入れなど)
いただきました  ありがとうございました!!



そして やっとのこさです

 2017年 9月10日 長崎のステージでは

①気の流れをこちらに向け 逆に利用す=曲の説明をしながら 会場を見渡し
自分の呼吸を整える


②まっすぐ立つ=椅子に座る姿勢 に注意をはらう

③最初のリズムの軸を作るために 簡単な曲をいれて 本命の曲へと気持ちをもっていけるようにする

=繰り返しをいれて 二回目は 思ったとおりに弾ける自分を作る


そうやって タレガNO11をやっと弾けるようになったわたし

 がいます


そして 
自分の心と体を見つめなおし 工夫し
取り組んだ結果を 太極拳の
お師匠さんに演奏姿を見ていただけて 
ほんとうに 嬉しく思えます



また それ以上に 前の門下を離れ 凹んでいた私に 
「表現は 個性に等しい その個性を育てるのは 自分には無理
だから 骨組みだけを 教えて あとは 君に任せるから
基本だけはしっかり勉強して まずは自信をつけなさい
そして 感性を磨いて  演奏を楽しむといい」
f0375290_21313159.jpg

とおっしゃってくださった 今のギターのお師匠さんにも
感謝します 年齢的な限界も見ての 励ましとてもうれしかったです



ね!!だからさ ほんとうに わたし 
プレリュードが弾けるようになったのよ!!!



あの司会者の言葉には 当時は 傷ついたのだけれど
あの言葉がなかったら たぶん 私は そのままで終わっていた



そして 2000年に茨城の文化館で 学生さんがとても美しく弾かれ
こんなきれいな曲があるんだと驚いたあの日から 15年目にして やっとの
バリオスのフリアフロリダという4分半ほどの演奏

あのままだったら 弾けずに終わっていたでしょう


いろんな意味で 短いようで長いようで やっぱりあっという間に過ぎた5年です

でも 不可能が 可能になった その記念となる 大交流会に 
しかも 一緒に参加できるなんて 
ほんとうに めぐりあわせの不思議を感じます



そう 練習だけではない 精神面の鍛錬法への導入も 始まっていたのだと
すべてが ギターにつながっていた不思議
ギターは総体的な もの
ただ練習技術だけでは 人前では弾きこなせない
いろんな要素が絡んで 一つの演奏までにたどり着けるんだなぁと思います




それにしても バリオス 苦労しました
覚えにくい 声部をもっています
耳も 痛いほど 使いました 苦笑
増減忙しい声部ですが これも 今回 参加の 関東からのお友達が
じっくり ゆっくり 取り組んで 君ならぜったいできるよ

僕も あれには相当苦労したんだと 教えてくださったのです


ほんとうに ギター友達に 恵まれた 演奏友に恵まれました !!!


後は ・・・

あとは ほんとうに場数 いままでの 練習した曲の繰り返し
基礎を鍛えなおしながら 続けることですよね

相変わらず 音を取るのには苦労しますが これでお涙ちょうだいっていうわけではないんです
どんな人でも 【何か補えば 】 【ギターを楽しめる】
ってことだけは わかり たどりつけたわけですから。


年齢的にも 体力的にも 弾くということに対しての 衰えも進んできます
楽しめる間は 楽しみましょう!!!





さて 今回


ここに 掲載する 交流会の様子 ホール演奏で使用した

kaoの撮影です が ほとんど ぶれていて いいのがありません 
きれいでないことをお詫びします
(一部は お師匠さんから いただいました)
ですから あまりにひどいのは 交流会での練習風景の写真を使用しています



演奏は 今回 交流会で演奏した曲を記念に使用しました


来年は 大分で行われる時は、
ちょっと ギター仲間で 撮影引き受けてもいいという方がいらしゃるので
可能なら その方にお願いしようかと思っています

ということで 最後にいつもの交流会の様子を綴った動画で 9月のおしゃべりソリスタ報告を終わろうと思います



※ フェイスブックされていらっしゃる方は
こちら 長崎のHさんが プロの腕前発揮
ちゃんとした動画があります 音源は違いますが きれいな画像です
https://www.facebook.com/lindenstein?fref=ts


こそっと   ↓   いい仕上がりではないんですけれど





たぶん期間限定かな??見れる人はみれる たくさん失敗している
これを聞きなおして 思ったんですけれど 最初は超上がっていて ドキドキでした

2曲弾いたのですが
「初めの曲の早さ」と 
「次の曲のイメージ」の頭の中の スイッチ切り替え
大切ですねーーー

そのまま ひきづって弾いたから 後半の曲も
かなり慌てて 音をはずし 間違えている
そうか!!です

自宅練習では 9分半かかっていたのに 早すぎ!!


とても 勉強になっています 
録画ありがとうございます
こんなに ミスがあるなんて 嫌だわ と 思うけれど
結構 思った以上に 一音のもつ 音は伸びているから 
あとは これをいろんなところで弾けると
いいなぁ。

フリアフロリダは ほんとうに 覚えにくくて 苦労しました
ほんとうに たくさんの方に 力になっていただいて
軌道にのっている交流会
長崎の方と 大分だけでも いい催しになりますね
元気なうちに 少しでも 弾けるようになりたいです

ありがとう♡

[PR]
# by la-solistakao | 2017-09-11 22:00 | Comments(5)




今年の夏は ほんとうに 暑かったですね


おしゃべりソリスタ 
8月26日 土曜日 午後 練習会 

「コンサートではありません」

玖珠町 ログハウスcafe 赤とんぼ をお借りします

それでも 
偶然 その日 お客様で お茶を飲みにいらした方 には 申し訳ないので 
guitarrakao  赤とんぼの演奏  弾かせていただこうと思っています。


よろしくお願いします (^^♪


[PR]
# by la-solistakao | 2017-08-22 07:12 | Comments(6)
ある コンサートセミナーへ
行ってきました。

*:+





                *:+

f0375290_07311216.jpg

*:+


今回は フランシスコ タレガを中心として タレガの高弟といわれた方々と 
同時代に活躍された スペインの作曲家の曲を選曲したプログラムで
ギタリストの先生を中心に 日々リサイタル活動や教授活動をされていらっしゃる これから 
日本のギター界の中心となっていくであろう若者ギタリストさんたちが
集まっての 有名な評論家の方の解説付きコンサート形式

                   *:+

たぶん 会場に臨席された方がは どの曲も よくご存じのものですし 
また 様々な 国内外の手工ギターが使われていましたので
その音色も 楽しめます


でも 今回 

実は この会に 来てみたかった理由は どんなふうに タレガをあたためてらっしゃるのか
それを 拝聴したかったのです



実は
2002年京都で始まった(正式には 1999年かも)あるセミナー出身の
あるギタリストさんの活動をブログや それから 何年か前のコンサートなどを通して
ずっと   注目していました。 
f0375290_07284063.jpg
当時 演奏されたのは ジュリアーニの曲でしたか


ある海外のギタリストさんを招聘して
まずは そのギタリストさんが使われる専門の言葉から みんなで解読です
f0375290_07282294.jpg
『メトロノーム』といったら カチカチカチの機器を思い浮かべますが
そのギタリストさんが 使う「メトロノーム」とは 体内にある グラウンドをとらえた
メトロノームだとか



きっと 当時 みんなが いつの日か 自分のステージをもてるようになりたいと夢見、
たんなるチケットを買って集まってきた聴衆ではなく 聴衆と
演奏者と一体化をなしていくそんな演奏をするために 
若者たちは 少しでもそのギタリストの演奏を それから 音楽世界を 自分のものにしたいと 
集まっては 曲を弾きあい また 2年後に集まる約束をするなど燃えていた夏だったと思います。
そして その若者たちの育成を 支えた ギタリストさんや 製作家さんもいらっしゃいました

みんなが 共同して はじまった 新しいギター音楽の世界

あれから 月日は 15年ほど経ちました


*:+


                        *:+





:*::*:

たぶん その時以来 いろんなジャンルの音楽を聴き そして 通して 
ずっと タレガやリョベートを研究続けてらっしゃったのだと思います。


注目したそのギタリストさんの演奏は ほんとうに 
その 足跡が 見事に形になってるなぁって 

タレガ メヌエット形式の練習曲
タレガ ペビタ 
タレガ/マズルカ ト長調
リョベート編/カタロニア民謡から 先生





選曲の内容は 決して 超技巧がならぶものではありません。
小品曲から 1曲5分ほどの曲までの中で
客席に座る私に きちんと 一つ一つの音にその若手ギタリストさんの
解釈が生きていて
フレーズ とフレーズの間合い
それから 内声の移動に伴う 和音が変化する音色
タレガの特徴の一つ ポルタメントや グリサンド
歌いまわし

なんだか あぁ これ!! こういうのを聞きに来たかったって
その方の演奏の成長変化も うれしくて ホロっともし 心の底から

「あぁぁ やったわね!!」と 思わず 叫びたくなりました。






あの時 一緒に学ばれたギタリストさんで
昨日 その会場で 拝聴できたのは  確か お二人 

いや おひとりは 学校の先生にもならていらっしゃるから・・・3人ですね


あの時の
ある若者は 地域へもどり 施設経営にと なり そこで やはりギターは続けたいといっています
それぞれが 違う道を歩んでいますが
こうやって 一つの 作曲家を通して また 集まることができる
こうやって その若者たちが 大人へと成長して なんらかの形で ギター音楽に携わっていらっしゃる



その姿が とても うれしく うらやましく
田舎で 有名なギタリストの演奏をお聞きするのもいいのですが
 こんな 何名かの演奏家が 
毎年 やってきてくださって テーマを絞って
楽しめる 音楽の集いが 共有できたらなぁと 
それほど 心打つ 演奏を拝聴させていただきました。




日々の教授活動の中で テーマが決まり 自分の得意でない作曲家もいたことでしょう
今回のコンサートでは どの演奏家も 立派に弾いていらっしゃいますし
教授活動される方同士 交流ができ それぞれの 解釈が 微妙にちがってくるので
また ステップアップする

プログラムを組んで 企画するのは たいへんなエネルギーが必要となりますが
それを 客席に 完成した何かを伝えるのではなく
届ける演奏で 情報を共有し それぞれの課題をもって 座った方々に
問題提起ができたのだとすれば 
両者 いえ ギターの製作に携わった方たちにも また  
ギターを製作することの喜びや 問いかけにもなる 充実した 時間が流れたに違いありません。





こんな風に 作曲家に対して 細かに研究され それを形にできるまでには 時間がかかるのだと思いますし
日々は ほんとうに 孤独な闘いじゃないかと思います。



田舎の主婦には 交通費のほうが はるかに高いのですが
でもでも お金には変えられない ギタリストさんとの思いでがまた 一つできたように思えます



kaoの耳は あの スタートレックに出てくるスポック博士のように
ぴくぴくと その成長変化に 嬉しく 動き 会場を出るとき 足取りは ペピータのように???
いや ロシータのように????踊っていました。
f0375290_07304711.jpg
                        今回のプログラム  
                           最後のduoは 圧巻!!!


あぁ いつか 九州へ ・・なんて 夢を追いかけ始めます
高いんだろうな 講師料なんて (笑) ねぇ ??? 


~~~  それにしても 他のギタリストさんの バイタリティに頭が下がります

この夏の暑さの中で 研鑽をつまれ 準備された先生方の  そして スタッフの皆様ご苦労さまでした
それ以上に  聞きにいくことを 喜んでくださった 先生にも 感謝して

ねぇ なにか 九州でも できそうかな??なんて *:.. ..:*・゜゚・* ヽ(*´)ノ 


ああ 暑い七月が 足早に  終わります ーーーーーーーーーーー!!!


guitarrakao*:.. ..:*・゜゚・

[PR]
# by la-solistakao | 2017-07-31 08:40 | クラシックギターのこと | Comments(2)
いやぁ ほんとうに 暑いですね
この暑さでは ソリスタさんも たいへんです


いよいよ今週 土曜日にソリスタですが
ここに来て 予定の方たちの御身に 異変が!!!

朝一番に 緊急メッセージ

「すみません 私は出れるんだけれど △△さんが ぎっくり腰!!に!!」

「かわりに ラ・クンパルシータ持参します」
いえ それは すぐには 無理なので・・・・etc


と 思いきや ピン!!(メッセージの音)
「kaoさん 1日入院するけん

ひえぇ~~どこが悪いん・・・・××××





というわけで 主催者自身は 毎晩こむら返りと格闘(笑)
シニア世代を背景とする おしゃべりソリスタ
ここに来てピンチ

予定していた theバッハのduoは 全滅
にわかduo発生(豆台風ですね )
みなさんあわてて ソロの楽譜引っ張り出しています


(笑)


さて 今回は どうなることでしょう??



演奏予定

ロンドンデリー 篠笛とギターDUO
赤いサラファン マンドリンと ギターduo
愛すればこそ  ギターduo

《スペイン組曲》 第5曲 leyenda


フリア フロリダ 他
 ・??未定


夏は 筋肉が ビタミン不足 水分不足 電解質のバランスも下降気味
栄養不足になりがち
うなぎをたべて シジミも食べ、
お肉も食べて 始まったばかりの この暑い夏を乗り越えましょう






今回 弾く フリアフロリダ 録音してみました
先生曰く あと一か月あるから 内声に耳をすまして
フレージング内の 工夫をと

むずかしい課題 明日とりあえず 弾いて あらたに取り組みますね 
今 やらなくて 明日はないわ
暑いけれど がんばりましょう


それでも 予定通り
29日 13時から 日田市 東町公民館 です

よろしく
f0375290_09233458.jpg



[PR]
# by la-solistakao | 2017-07-26 10:06 | Comments(2)


たくさんの方が また 命を落とし
生活が 一転

私たちは
自然の厳しさを改めて 知ることとなりました。
あらためて 心より お見舞い申し上げます


朝一 庭の草花も やはり この雨で 打たれ ダメになってしまいましたので
悪いものを取り除き 新しい花を少し入れ
茂りすぎた 木々枝を払い ごみ袋 4袋ほどになりました。
汗だくになりました 



きっと それ以上に 生活を取り戻すって エネルギーが余計いりますね
今年 春 東峰村も訪れました
きれいなレンゲ畑が広がり のどかな山郷に
 何年も続く 唐臼が こっとんこっとん動いていました

映像から 見えるその村は 土色一色
被災された方々の 生活は 今 はるか超えたものがあるのだと
想像します

こちら 大分日田中津なども また大変です
お互い暑さにまけず 体を壊さないよう
 そして 何よりも 
災害復旧が 一日も 早く すすむと いいです





映画 ドラマ 沈まぬ太陽は 見たことはないのですが
いろんな ことに まけず 生き抜いていく
会社員のお話らしいです

ーーーーーーーーーーー♫





 ところで 
おしゃべりソリスタを利用される方が
この曲をしてみたいとおっしゃったので
弾いてみましたが duoの場合 どこが 難しいか
どこを 練習しないといけないか
やはり お互いのパートを弾いてみると課題がみえてきます

ーーーーーー

ちかく これは 先生にも一度聞いていただこうとなりまして
あわてて 多重録音してみたものの 難しいです



楽譜アレンジは フェイス友にもなってくださっている paburinken 様のアレンジです
いつも ありがとうございます

[PR]
# by la-solistakao | 2017-07-09 11:37 | お友達 | Comments(6)